安心リフォーム・住宅設備工事の専門店「アクアリング 水回りリフォーム館」 | 長野市に自社展示店舗あり

TOP > キッチンコンロ

キッチンコンロの交換リフォーム

ガスコンロとIHヒーター徹底比較!結局どっちがいいの?

調理器を選ぶポイントとして、ライフスタイルや家族構成、日頃の使い方を考えることが大切です。
例えば、毎日の食事はどのようなものが多い、どんな料理をよく作るかを考えてみましょう。
どちらが良いのかというよりも自分の生活においてどちらのほうが使い勝手がよいのかを考えることが基本となりますので、悩んだ時は現在の生活を思い浮かべながら選ぶようにして下さい。

1ガスコンロとIHヒーターのメリットとデメリット

石油給湯器の能力はキロカロリーで表記されます。ご家族の人数、使い方により最適な能力を選択してください。

ガスコンロ IHヒーター
メリット 火を使わない
熱効率がいい
部屋が暑くならない
温度調節が簡単
煮込み料理に向く
安全性が高い
手入れが簡単
火を使わない
熱効率がいい
部屋が暑くならない
温度調節が簡単
煮込み料理に向く
安全性が高い
手入れが簡単
デメリット ガス工事が必要
火事やガス漏れのリスク有
掃除がしにくい
使える鍋が限られる
機器代が高い
停電時に使えない
強化料理が同時にできない

火を使うガスコンロと火が出ないIHヒーターではこのような特徴があります。

ガスコンロの特徴

炒め物や焼き物が多い食生活ではIHヒーターよりもガスコンロのほうが使い勝手がいいでしょう。
煮ものやシチュー・カレーといった煮込み料理をよく作るご家庭ではガスコンロを使用するよりもIHヒーターを使うほうが火力調整がしやすく使い勝手がよいと思います。

1ガスコンロのメリット

安全性が高い

ガスコンロのメリットとしては、対応する調理器具が幅広いというものがあげられます。
ガスコンロはこれまでほとんどの家庭で使われていたという経緯があるため、たいていの調理器具はガスコンロで使用することができます。そのため、いちいち対応しているかどうかを確認する必要がほとんどありません。

距離を離しても火力を伝えることができる

ガスコンロは火で調理するため、ある程度距離を離しても熱を伝えることができます。
これは、例えば鍋を振って調理をする時にもきちんと加熱できますし、鍋を火から離すことで細かな火力調節をしたりもできます。

停電時に使用可能

ガスコンロは文字通りガスを使用しているため、電気が止まっても使用することができます。
電気に一本化すると便利ではありますが、停電すると全ての機器が使用不可能になることも考えられます。そういった意味では、電気とガスに分散させる利点もあります。

2ガスコンロのデメリット

火を使うため危険

ガスコンロは火を使って調理するため、いくら気をつけていても危険はあります。
特に近年は高齢化が進んでいるため、その危険性は相対的に増しているといえます。

お掃除に手間がかかる

ガスコンロのお掃除は、家のお掃除の中でも手間がかかる場所として敬遠されがちです。突起物などが多く、拭き掃除もしにくいため、油汚れやその他の汚れがこべりつくまで放置してしまうことも珍しくありません。また、コンロが直接熱されるため、お掃除のときには火傷にも注意する必要があります。。

IHヒーターの特徴

安全性についてはガスコンロもIHヒーターも十分配慮されています。しかし家族の中に小さなお子さんやご高齢の方が居るご家庭、日頃ガスに慣れていないご家庭ではIHヒーターのほうが安全と言えるかもしれません。

1IHヒーターのメリット

お掃除がしやすい

IHヒーターは基本的に平たいプレートであるため、突起物などがなく、汚れをさっと拭き取ることができます。 そのため、コンロに油や汚れなどがこびりつくこともなく、清潔な環境を保つことが比較的簡単です。

立ち上げが早く調節も簡単

火を使った調理の場合、最初に調理機器を熱する必要があり、これには少し時間がかかります。
しかし、IHであればこの熱する時間が非常に短いため、より手早く調理することができます。火力もダイヤルやスイッチで細かく調節でき、一定の温度の維持もしやすいです。

2IHヒーターのデメリット

使用する調理器具が限定される

IHヒーターは電磁調理器であること、プレートが平面であることなどから、使用できる調理器具が限定されてしまいます。
近年は幅広く対応した調理器具も登場していますが、価格が高く、ガスコンロで利用できるものよりもまだまだ少ないのが現状です。

コンロから離すと熱が伝わらない

IHヒーターはプレートと調理器具が接していないと、熱が伝わらないようになっています。 そのため、ガスコンロのように鍋を振る調理はしにくく、やや扱いにくい部分があります。
ただし、近年は鍋振りに対応したIHヒーターも登場しています。

レンジフードも一緒ならガスコンロの工事費が無料に!

ご存知ですか?ガスコンロとレンジフードの寿命はほぼ同じです!

なぜ、ガスコンロと一緒にレンジフードの工事をする必要があるのか。それは、ガスコンロとレンジフードの寿命はどちらも約10年だからです。使用期間が10年を過ぎたガスコンロの交換検討されている方は、レンジフードも調子が悪くないか確認されてみてください。

レンジフード周りの黄ばみは交換のサイン!

レンジフード周りの壁や天井が黄ばんでいたり、モーターの音が大きくなっていると感じる場合は、内部のモーターが劣化しているサインです。モーターの吸い込みの力が弱まっているため壁や天井に油煙の汚れが付着して黄ばんで見えるのです。レンジフードの交換タイミングに差し掛かっていると言えます。

ガスコンロとレンジフードを同時工事でガスコンロの工事費を無料に!

棟梁ドットコムではガスコンロと同時にレンジフードの交換をされますと、ガスコンロの工事費18500円を丸々割引きさせていただいております。どうせ交換しなければならないレンジフードなら、お得に交換できるこのチャンスをお見逃しなく!

ガスコンロ工事費18,500円を全額割引!

取り扱い商品一覧

キッチンコンロの施工事例